totoruができるまで 2

totoruができるまで第2弾!
今回はtotoruを創るうえで一番最初にとった行動
「みんなでキャンプ編」
2013年10月23日 物件契約
ここから約1ヶ月間は、大工さんたちと連絡を取り合い作業予定を決めたり、空間のアイデアを出し合ったり、これから始まる怒濤の工事期間で必要ものをそろえたりとあっという間に過ぎ去っていった。
店を創る上で最初から決まっていたことは
「開放感」と「風を感じる」の2つ。
アイデアの共有が必要だし、もっともっと感性を刺激したい。
ということで、
「みんなでキャンプに行こう!!!」
と、千葉県銚子市を経由し栃木県の那珂川へ。
11月15日
朝早くに集合し千葉県銚子市に向け出発。
車3台で高速を飛ばし
昼過ぎには銚子 犬吠埼に到着。
海鮮丼を食べた後、海の近くで時間を過ごし
屏風ヶ浦の崖を上り
夕日を眺めた
180°に広がる海。
こういう時間は大工さんたちと初めて過ごす。
アイデアの共有よりも、個々が今までよりも解りあえた時間だと思う。
翌日は朝早くから栃木県へ向け出発
連日で天気は快晴
暗くなる前に栃木県那珂川へ到着
テントを張り
カヌーで遊び
栗を拾い
鮭を釣り
火をおこす
それぞれ好きなことを話し
好きなことをし
自然を楽しむ
これから始まる工事
それぞれが思い、感じる
「空間をつくるということ」
酒を飲みながら、火を囲み
話す
このキャンプで、よりはっきりとわかったこと
「このメンバーで店を創りたい」
店ができてからわかったことは
どれだけ設計図をしっかり作るよりも
どれだけ予算をしっかりたてるよりも
どれだけ予定をしっかり立てるよりも
店作りに携わる人たちが
どれだけ時間を共有し
どれだけわかりあえるかが大切だと
強く思う。
好きな人たちと好きな空間を作ることは
とても楽しい。
大勢の人たちが
一つの目標に向かい
一つの空間を創る為に手を動かす。
とても素敵なことだと思います。
次回からは
実際にtotoruのできていく過程を書いていこうと思います。
さく
コメント
コメントする