totoruができるまで 5


ながらく改装ブログがストップしてしまいました。
何事もきちんと続けることが大切ですね。
帯をしっかり締めなおしてまた更新していきます!



さて!これまで

第一回目  「物件との出会い」
第二回目  「大工さんとのキャンプ」
第三回目  「設備工事」
第四回目  「2つの入り口」


と紹介させていただきました。

続きまして第五回目となる今回は、
大好評の「トイレ」です。
今もたくさんの方々に楽しんでいただいています。


空間をどうつくりあげていくかを考えていた中で
一番最初に全体像がはっきり決まったのがトイレでした。

誰もが使用する場所で、多くの人が楽しめるように。
居心地がよく、楽しいトイレであってほしい。
そんな想いをカタチに。

トイレの施工を担当したのは「ヒロさん」。

渋めの風貌に甘いマスクをかぶったお茶目な大工さんです。
後に「トイレの神様」の異名を授かります。

ヒロさんと初めて知り合ったのは、沖縄。
山奥で「ストローベイル」という藁の家を建てていました。

それから約5年経ち、茗荷谷で再開です。




そんなヒロさんがトイレづくりの先頭に立ち
施工スタートです。

まずはトイレの位置決めから。
全体のレイアウトがある程度見えてきたところで、自然とトイレの場所も決まりました。
ただ、柱と階段下にできたデッドスペースが悩みどころです。


頭がぶつからないように、狭さを感じないようにと
考えを巡らせながら話し合っていきます。




前にも書きましたが、ここの施工方法はちょっと変わっていて
始めに全部の設計図を作りません。
方向性を決めて、後は話し合いながら進めていきます。

そのぶん時間もかかるけれど、愛着も面白さも湧いてきます。
場所をつくる上で、これが一番大切なことだと思います。

たくさんの発見を生かせるように
まずはトイレになる場所でできるだけ時間を持つこと。
休憩中もトイレになる場所です。
こうした時間が一つ一つのアイデアに繋がります。



徐々にトイレの仕様が決まってきたところで製作に取りかかります。

まずは土台づくり。
トイレ全体を左官で仕上げるため、丁寧にしっかりと
土台となる木材を組んでいきます。




左官で動きを出していくため、土台の木材もクネクネ曲げます。

この時点で全体像が見えているのはヒロさんだけ。
僕らは「こんな感じ」ということしかわからないので、どうなるのかワクワクです。


この網はラス網といいます。
ここに下地のモルタルを塗っていきます。



トイレ以外も骨だらけ。
何事もしっかりとした骨が必要ですね。
ここに肉付けをしていきます。





トイレの仕様を左官にすることが決まってからたくさんの壁サンプルも作りました。
あーじゃないこーじゃないを言い合いながら決めていきます。

左官のサンプルたち。








モルタルでトイレ全体を塗っていきます。
いよいよ肉付け作業。
だんだんと洞窟に近づいていく。



塗りに入ったらあっという間。
下地の完成です。やっと全体像が見えてきました。
このままでもかっこいいのですが、このあと仕上げに取りかかります。



隅々まで納得のいくように仕上げていきます。

職人さんの横顔は本当にかっこいいんです。
現場中はこのキラキラした目にたくさん刺激を受けました。




完成に近づいていきます。
もはや洞窟。



洗面台です。ここを水が流れていきます。
防水加工をし、スムーズに水が流れていくように仕上げます。

丁寧に丁寧に磨いていきます。
時間をかけて。気持ちを混めて。




山で拾ってきたシカの角をドアの取っ手として取り付けます。



ドア完成!かっこいい!



ウォータースライダーの流しも完成です。
デッドスペースだった場所も水の通り道に変わりました。



ここで滝ができます。




トイレが完成です!
完成後、もちろん一番最初に使用したのはヒロさん。



デットスペースでも、無難決めず一生懸命使用する人のことを考えながら
進めていけば、こんなにも納得するものができるだと勉強になりました。


ブログでまとめるとあっという間ですが
トイレ一つでもたくさんのストーリーと想いがあります。


僕らが空間をつくる中で大切にしていることは
「温度」です。
丁寧に愛情を込めて「現場」を「店」に仕上げることで
一つ一つのモノたちに暖かさが宿ると思っています。
その暖かさは居心地の良さやいい空気感に繋がると思うんです。
だからこそ時間はかかっても暖かみのあるいいものをつくりたい。

自分も含め、多くの人に「いい場所だなぁ」って感じてもらえるように。




 

コメント
コメントする